fc2ブログ
 
■プロフィール

公益財団法人エターナリカ

Author:公益財団法人エターナリカ
公益財団法人エターナリカは、1969(昭和44)年、埼玉県において財団法人狭山湖畔霊園として誕生し、1979(昭和54)年に全国法人に改組、名称を財団法人墓園普及会に変更、さらに2012(平成24)年には内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受けて「公益財団法人墓園普及会」と名称を変更しました。2023年(令和5)に「公益財団法人エターナリカ」と改称し、設立以来今日まで、一貫して積極的な事業活動を推進してまいりました。現在、首都圏と関西に規模が大きく整備された5霊園を経営しています。

1960年代から1980年代にかけて、わが国では経済成長による人口の都市集中と核家族化に伴い、墓地需要が急速に拡大し、とりわけ大都市圏では墓地不足が深刻な社会問題にまでなるほどでした。当財団はこのように墓地需要の逼迫した時代に発足し、今日まで一貫して、墓所を求める人びとに対して良質な環境の霊園を提供してまいりました。
1990年代以降、経済成長の減速に伴い、霊園は先祖を偲ぶ場所としてふさわしい環境を求められるようになりました。このような時代のニーズに対応し、当財団も墓地の供給から霊園環境の充実に重点を移し、墓所使用者に今まで以上に満足してご使用いただける環境づくりとサービスの拡充に努めております。
霊園事業の使命は公共性と永続性です。当財団は今後もこの使命を常に自覚し、使用者が永代にわたって安心して墓参できる霊園環境の保持に努めてまいります。
https://www.eternalica.org/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
5931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
557位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

気温23度
こんにちは狭山湖畔霊園です。

今日は気温が上がり春到来のようでした。

ご近所の梅の花も満開です。

IMG_3634.jpg

IMG_3636.jpg


明日は今日より気温が10℃くらい下がるらしいので
体調管理をお気をつけください。



スポンサーサイト



狭山湖畔霊園 | 17:08:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
大雪⛄
こんにちは狭山湖畔霊園です。

昨日お昼過ぎから降り始めた雪は
この辺りで15㎝くらいまで積もりました。


DSCN1636.jpg

道路と参道の積雪が多いので
本日のお参りはお控えくださいますようお願いいたします。


DSCN1637.jpg



DSCN1640.jpg









狭山湖畔霊園 | 11:28:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
暖かい日です
こんにちは狭山湖畔霊園です。

暖かい日が多い、今年の冬。

長期予報では1月から3月までの3ヶ月も平年より
気温が高くなると予想しています。

・・・そうは言っても、やはり朝は冷え込む日もありますね。

休憩棟の水盤も凍ってしまいます。

IMG_3509.jpg







今日は。。。

お天気がよく管理休憩棟の天井には水紋が反射し、やさしい時間が流れています。

IMG_3544.jpg




狭山湖畔霊園 | 15:01:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
新年
2024年(令和6年)になりました。

今年の干支は甲辰(きのえたつ)です。

たつ(竜、龍)は十二支の中で唯一空想上の生き物で、出世や権力に大きく関わる年といわれているそうです。

今年は辰年にあやかって、飛躍する年になるといいですね。


本年も宜しくお願いいたします。


IMG_3492.jpg


  狭山湖畔霊園 礼拝堂







狭山湖畔霊園 | 11:04:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
年末の営業時間⏰
こんにちは狭山湖畔霊園です。

今年も残すところわずかとなりました。

年末年始の管理事務所の営業につきましてご案内いたします。

  12月27日は水曜日でお休みです。

  12月29日(金)~R6年 1月4日まで・・・9時から16時までとさせていただきます。

  1月1日~3日も休まず営業いたしますが事務所は16時で閉まりますので
   お花などお求め予定のお客様はお気をつけください。


  1月5日からは通常営業になります。
      何卒宜しくお願いいたします。


buroguIMG_3436.jpg




      

狭山湖畔霊園 | 09:55:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ